FC2ブログ

    2018年11月17日(土)視聴記録

    「ジョジョの奇妙な冒険 第5部-黄金の風-」の7話「セック
    ス・ピストルズ登場その1」
    ですがミスタのスタンド能力である
    「セックス・ピストルズ」という事で能力自体は撃った弾丸の
    軌道を変える事が基本ですが小人の様なピストルズの声も鳥海浩
    輔さんが演じているようで驚きました。

    声優さんなので本来とは違う声質は出せるのでしょうが流石に
    スタンドは別だと思ってましたので。

    ズッケェロの仲間であるサーレーの能力までは分からないままで
    したが前回同様、ジョルノ自身の活躍は見られず、しばらくは
    ブチャラティチームの活躍が主でしょうか、そこら辺の記憶が
    曖昧ですので逆に楽しみではあります。

    今回は序盤のミスタ、フーゴ、ナランチャによるギャングダンス
    の気合の入った動きが面白い(笑)まぁ実際は拷問しているので
    本来は怖いシーンでもありますがこういうシュールにみえてしまう
    場面も「ジョジョ」らしくはありますね。


    「やがて君になる」ですが沙弥香自身が燈子に抱いている気持ちは
    描写されていたので分かりましたが燈子と出会う前に先輩と付き合
    っていた過去があったのは意外というか。どちらにしても先輩から
    告白してきたのに「気の迷い」だったというのは酷いなと感じます。

    今回は沙弥香の気持ちを中心に描かれており教師である理子先生と
    喫茶店の店長である都との関係も描かれていました。作品のジャン
    ル自体が所謂「百合」であるので侑と燈子だけの関係性でなく他の
    登場人物の感情も掘り下げているので作品としての幅は広いですね。

    ジャンルとしては前も書きましたが僕自身の嗜好とは合わない部分
    ではありますが描き方が作画も含め丁寧なのでついじっくり観てし
    まうのは魅力なのでしょうね。


    「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」ですがすっかり毎回の作画
    崩壊が話題となっていますが(苦笑)所々ではちゃんと描かれてい
    るので制作陣の苦労が見て取れます。

    スケジュールの苦しさもあるので最後まで安定して進むのが難しい
    と思いますがソフトになった時どれだけ修正されるかも楽しみでも
    あります。

    今回はネット上で一部注目を浴びていたと思うところがあり、ED
    のスタッフロールでの原画担当に「正直困太」なる人物がいた事
    です、そんな方は存在しないとは思いますが(笑)


    「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」ですが正直なと
    ころ1、2話まで個人的には合わないなと思う部分がありそこは
    主人公の咲太のすました様な空気を読まない言動だったのであまり
    物語にのめり込めなかったのですがヒロインの麻衣やかえでの機微
    を捉えた丁寧な描写に徐々にハマりつつあります(苦笑)

    咲太もラノベ作品にありがちなヒロインの好意に鈍感なキャラでな
    くちゃんと向き合っているのでこちらも徐々に好きなキャラとして
    観る事が出来ています。

    原作者の鴨志田一先生の2017年秋アニメである「Just Because!」
    も好きだった分期待していたところもあったので序盤としては
    残念な気持ちで観ていたので良かったです。両作品に言える事は
    キャラの個性をそこまで強調せず等身大を青春を描いている事で
    しょうか。


    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ゴンシ
    アニメを観るのが好きです。
    その日に観たアニメの感想を毎日綴っています。中身は「小並感」です(苦笑)

    最新記事
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    リンク