2018年6月13日(水)視聴記録

    「かくりよの宿飯(やどめし)」
    11話「湯守の濡れ女と師匠の不知火。」


    天神屋に突如客として現れたのはライバルの折尾屋の番頭
    葉鳥と湯守の時彦。葉鳥は好戦的な印象ですが時彦は礼節
    をわきまえている様な印象。銀次が折尾屋に勤めていたの
    は知りませんでしたが葉鳥との仲が原因かな。

    葵は時彦と静奈が口論している現場に遭遇、どうやら折尾
    屋に戻ってほしい様子。静奈が折尾屋を解雇され大旦那に
    拾われ天神屋にいる経緯は分かりますし、まだ自信が無い
    からるまで戻るつもりはないという事か。

    静奈と時彦の為に葵はトマトを使った料理で二人のわだか
    まりを無くしましたね。葉鳥が出てきた時は不穏な流れな
    のかなと思いきや時に大きな事にはなりませんでしたが次
    回以降かな。

    大旦那が現世に行っているため今回は文字でのやり取りだ
    けでしたが二人の関係も微笑ましいですね。


    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ゴンシ
    アニメを観るのが好きです。
    その日に観たアニメの感想を毎日綴っています。中身は「小並感」です(苦笑)

    最新記事
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    リンク