2018年4月20日(金)視聴記録

    「多田くんは恋をしない」
    3話「それ、好きだなぁ」


    ニャンコビッグの心の声を演じているのは大塚明夫とは(笑)
    渋すぎてカッコ良すぎて外見とのギャップが面白い、贅沢な
    起用ですね。

    それにしても多田のご両親は亡くなっているのか、そういう
    感じかなとは思いましたがその辺りのエピソードも今後ある
    かな。父親は有名なカメラマンか、なるほどなぁ。

    ニャンコビッグは街の人々にはミーコと呼ばれていてちょっと
    ドキッとして少し嬉しくなりました。テレサとアレクの小さな
    頃の思い出、お互いが大事に思っている良いシーンですね。

    多田とテレサの間接キス、恋の予感かなと思いますがゆったり
    とした印象。


    「こみっくがーるず」
    3話「プニプニポヨンですね」


    薫子のクレープを題材にした漫画、本当に漫画家と思う程酷い
    なぁ(苦笑)ボツを出されても仕方がない出来ですな、ただズ
    レたセンスを活かせばもしかしたら受け入れられるかも。翼の
    厳しくも優しいアドバイスは良い。

    スケッチ大会での小夢のスタイルはちょっとエロい、胸がない
    琉姫とは口論だけど二人のタイプは需要あるよな、薫子は諦め
    過ぎですが(苦笑)

    せっかく寮母さんが味の好みを知って料理を作ってくれたのに
    やっぱりずれてる薫子のセンス、連載への道のりは遠そうです。


    「STEINS;GATE 0 -シュタインズ・ゲート ゼロ-」
    2話「閉時曲線のエピグラフ」


    アマデウスに紅莉栖の記憶。真帆が言うように本人かと思う程。
    岡部と出会う前の記憶だから態度が違うのは当たり前ですが寂
    しいけれど「クリスティーナ」と呼んでいた時の反応などコミ
    カルな部分も。

    岡部を見守るまゆりも少し寂しいですね。「ゼロ」に至る物語は
    紅莉栖を救う事を諦めた岡部を優しく包んでくれた彼女がキッカ
    ケですから。

    紅莉栖の会話によって物語の動きが見えてきたところでしょうか。


    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    Author:ゴンシ
    アニメを観るのが好きです。
    その日に観たアニメの感想を毎日綴っています。中身は「小並感」です(苦笑)

    最新記事
    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    リンク