FC2ブログ

    2017年9月30日(土)視聴記録

    「メイドインアビス」
    13話(終)「挑む者たち」


    ナナチとミーティの過去とレグによりミーティとの永遠の別
    れに涙・・・というよりも悲しすぎてエグ過ぎると言った方
    がいいのか。この作品、主人公のリコに対してもそうですが
    萌えなキャラデザな反面、与える試練は厳しすぎるというか。

    しかしナナミとミーティ(その他の子供達)に対して非道な
    事を行ったボンドルドは酷すぎますが今後リコ達の探窟に当
    然立ちふさがると思いますし(アニメの続編があればですが)
    この段階では謎の方が残りますね。

    あの所業を観ると同じく白笛のオーゼンが随分な人格者に見
    えてしまうのが不思議(笑)(実際手助けしてくれましたが)

    ナナチを新たな仲間に加えアビスの奥底へ向け改めて出発と
    いう所で終わり、これは続編期待値が高いですね。

    これ以上のエグいシーンは勘弁ですがキャラの動きも良いし
    舞台となるアビスの背景美も素晴らしかったのでリコ達と探
    窟の続きは観たいです。


    「時間の支配者」
    13話(終)「幻想の未来」


    アイクスとの決戦も佳境、やはり仲間と共に技を繰り出していく
    流れは熱く、ミーナも「母親」として霧を庇う姿にジンときます。
    ヴィクトに当初からベタベタしていながらアイクスとの戦い前か
    らそういう素振りは見せていましたが。

    後、ヴィクトの賭けが上手くいった後で消えてしまった彼に
    「父さん!」と叫ぶシーンも良かったなぁ。ブレイズも悪人設定
    はどこへやら、最後まで熱く良い奴です(元々悪人云々はわざと
    らしいと思ってましたが)

    アイクスは一時的に姿を消したようで確実に倒すためにこれから
    も進んでいくという終わり方。ヴィクトが感じたイフやアレクサ
    ンダーの想いも泣けますねぇ。

    最後は鼻からパスタネタでいつも通りの一行でした、物語として
    はまだまだ続く余韻を残した後味の良い最終回でした。


    「僕のヒーローアカデミア 第2期」
    38話(終)「エンカウンター」


    2期最終回、死柄木と出会ってしまう出久。まさか死柄木がずっと
    苛ついている中この最悪の再開、ショッピングモールの賑わいと
    緊張感走る死柄木と出久の空気感の危なさ、出久の言葉により
    死柄木に「信念」が生まれるという流れ・・・

    出久やヒーロー科の面々もそれぞれに成長する中、ヴィラン連合で
    はステインに共鳴する者たちが集結し近い内にまたヒーロー
    対ヴィランの大きな戦いの予感を感じる終わり方です。

    そして第3期の制作も決定!これは楽しみです、原作の続きを
    知らない僕(兄が持っていますが)としては読むのを我慢して
    アニメでじっくり観せてもらおうと思います。


    スポンサーサイト

    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月29日(金)視聴記録

    「ゲーマーズ!」
    12話(終)「INTERMISSION ゲーマーズと課金トーク」


    最終回はゲーム同好会の合宿、急に飛んだのかと思いましたが
    前回の方が最終回な印象(ネット上感想を観てなるほどと感じました)

    基本キャラクターが勘違いとすれ違いを続ける様子が肝となっている
    この作品、今回はゲーム業界に関するネタでの掛け合い、こういう形
    の方が僕は好きかなぁ。

    亜玖璃の率直なゲームに関する疑問に景太達の焦る様子が面白く、亜
    玖璃というキャラクターを通して業界全体への皮肉だけでなくちゃんと
    景太を通してゲームの素晴らしさも訴える作りは良いですね。

    恋愛模様については前述の通りすれ違いが多いため関係が深くなると
    いうよりそれにより拗れる様子を楽しむ感じでした。ちゃんとイチャイ
    チャするようなシーンはありましたがコメディと会話を楽しめる作品
    でした。


    「ようこそ実力至上主義の教室へ」
    12話(終)「天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。」


    鈴音のキーカードが伊吹に盗まれ、Cクラスの龍園、Aクラスの葛城の
    契約による企みによりDクラスの最下位が決定的の中、やはり清隆が
    裏で動き、結果的に見事1位を獲得。

    初日からの行動が回想として流れ結果に結びついたのには思わず唸って
    しまいました。そして少しずつクラスに打ち解けていて清隆にもデレる
    鈴音は可愛い。

    少しずつ流れている清隆の過去、施設の様な場所にいた事と、父親の存
    在、淡々とした中で謎の部分が多い彼は鈴音含め周囲の人間を道具とし
    て扱うという本性を最後に観ましたがこれで終わりだとは。

    他のクラスの人間関係や企み、目的が徐々に分かってきた中での最終回
    はまさにこれから面白くなりそうな印象を残しました。

    続編、やってくれないかなぁ・・・。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月28日(木)視聴記録

    「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
    25話「波乱の修学旅行!!」


    水の国の霧隠れの里に関しては「NARUTO」本編で読んで
    ない部分と思うので分からない部分はあります。楽しみにして
    いるクラスの皆を尻目にイワベエだけは過去を細かく知ってい
    る様子。

    早速他の里とのトラブルを起こさないように釘を刺されていなが
    らイザコザを起こしてしまうボルト。タイトル通り波乱含みの
    修学旅行となりそう。


    「妖怪アパートの幽雅な日常」
    13話「メタモルフォーゼ」

    魔導士修行を続ける夕士、「迷う事」を知る。中々今回の話は僕
    にとって、というか若い人から大人になった人まで染み入る話と
    なったのではないでしょうか。

    妖怪アパートの面々は勿論創作上でのキャラクターでそれぞれ非
    常に「強い」人間ですが変に説教臭くなく迷う事も大事と夕士に
    説くシーンは僕も思わず頷いてしまいました。


    「NEW GAME!!(2期)」
    12話(終)「ぜひ買ってくださいね!」


    コウが自らの勉強のためにフランスに旅立つ事に。ある程度予想
    はしてましたが青葉の成長もありながらの決断。最後は笑って
    皆で見送りで終わり、これは3期を期待したいですね。

    ネットでは紅葉やツバメについて青葉やねねとの仲が微妙なため
    賛否がありましたがそれを乗り越えた上で良きライバルとなった
    り更に仲良くなった流れがあるのでより楽しめました。

    今回は青葉を中心にひふみ、はじめ、ゆんのやり取りや成長要素
    も描かれており1期から観ていた僕としては単純な日常系となっ
    ていないと思い、嬉しかったです。


    「異世界はスマートフォンとともに。」
    12話(終)「決断、そしてスマートフォンとともに。」

    結局一夫多妻とはならずヒロインたちと婚約関係という事で落ち
    着いた冬夜。全部で9人もいるのか(苦笑)

    1クール通してあまりスマートフォンが使われている印象は無く
    冬夜自身の無属性魔法を中心に基本能力が高いので目立つ事は
    無く(もしかしたら続いている原作では多用しているかもしれない
    ですが)そういう部分は残念でした。

    最近はこういうタイプの作品を多く観賞しているせいか色々な
    作品のエッセンスをくっつけたような作品。勿論面白いと感じる
    部分はあったのですが僕自身としては主人公の努力要素が無いと
    辛いなぁと改めて思える作品でもありました。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月27日(水)視聴記録

    「ナイツ&マジック」
    13話(終)「Heaven&Earth」


    エル率いる銀鳳騎士団とオラシオが作り上げたヴィーヴィルとの再戦。
    まさに天才同士の戦いの様相、互いに譲れないものがある故の激突
    ライバル関係はやはりこういうのでないと燃えませんね、ただ二人
    が組んだら最強のシルエットナイトが作り出せそう。

    エドガーとグスターボの戦いも熱いし、アーキッドとエレオノーラの
    淡い恋模様も良かったですし、基本エルの凄さとシルエットナイトの
    戦いも力が入ったいましたが、キャラクターの多さと個性的な面白さ
    も楽しめた作品でした。


    「プリンセス・プリンシパル」
    12話(終)「case24 Fall of the Wall」


    心配であった、アンジェ達の死亡シーンが無くてホッとしましたが
    この終わり方だと続編ありな印象でビジネス的な評価次第という
    事かもしれません。

    最後は仲間同士で休暇で一先ず良い終わり方だと思いますが結局
    目的自体は達成していないと思うし、コントロールのLが戻った事
    も多分組織内での駆け引きもあったと思いますがそこが省かれて
    いる部分も含めて少し拍子抜けな部分もあります。

    個別のキャラクターとしては個人的にはやはりドロシー推しです(笑)
    彼女にとっての厳しいエピソードはありましたがあのメンバーの中で
    一番大人びていながらスパイらしからぬ人情面もあるし、いじられる
    コメディシーンも好きでした。

    アニメーションとしての動きも美術面でも魅せてくれる作品で今回の
    終わり方を考えると続編を希望してしまいます。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月26日(火)視聴記録

    「18if」
    12話「魔女大戦」


    今まで遥人と出会ってきた元魔女たちが協力して遥人を探す展開
    は今まで個別の話としてきた物語が繋がっているのが分かってこの
    終盤にきて盛り上がりを感じます。

    神崎の妹が魔女としているのは意外でしたが元に戻すために遥人
    がキスして神崎が激怒する展開はベタですが面白かった。

    アキトは医者でした、棘十字会に敵対しているようですがもう最終
    回の段階でどのように関わってくるのか、味方とは違う気がします
    が・・・。遥人がずっと夢世界にいる理由も明かされそうです。


    「ひとりじめマイヒーロー」
    12話(終)「世界で1番、やさしい場所。」


    1回目を観た時はまさかボーイズラブだとは思わず戸惑ってしまい
    どうしようか、観るの止めようかと思っていましたが何だかんだと
    最終回まで観てしまい、勢多川と康介にとって最良の結果でホッと
    感じつつ、ジンときてしまった。

    やはりそこら辺は二人の想いというのが丁寧に描かれていたからだ
    と思います。まぁキスシーンは観ていて少し個人的には苦しかった
    のですが(苦笑)


    「天使の3P!(スリーピース)」
    12話(終)「音楽を好きにならずにいられない」


    最終回はリヤン・ドファミユと小梅、柚葉、くるみとの対バン勝負。
    原作としては続いていますので一旦の区切りなので少し寂しいのです
    が潤が初めての作曲でバンドとしての成長、小梅達との良いライバル
    関係が続いていくという終わり方。

    響との出会いからこれから更に面白くなりそうな所での終わりは
    ちょっと勿体ないかなぁと思いますの個人的には2期を期待したい所。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月25日(月)視聴記録

    「賭ケグルイ」
    12話(終)「賭ケグルイの女」


    夢子と生徒会長の綺羅莉は負けた方が学園を去る事を賭けた
    タロットカードで勝負をする事に。綺羅莉も夢子と一緒の
    「賭ケグルイ」ですね。夢子や他のキャラクターと違って
    顔芸を見せないのに少しホッとしてしまった(笑)

    この最終回という所で涼太の見せ場を作ったのはかなり面白
    いし、夢子をその様子に顔を赤らめて多分恋愛感情とは違うと
    は思いますが今までの流れから自らリスクを犯す人物に対して
    は好感を持っているのかなぁと思いました。

    勝負は引分で夢子は無事学園生活を続ける事に。この終わり方
    は続きがありそうな感じですね。評判如何では2期もあり得る
    という含みもあるし中々上手いなぁと思いました。

    初っ端から綺麗で可愛らしいキャラクターの普段と顔芸との
    ギャップがインパクト大で(それだけではないのですが)作画
    も動きも丁寧でそれだけでも魅せてくれる作品でした。


    「ボールルームへようこそ」
    12話「出会い」


    OP曲が変わってまずビックリ。2クール目なのは知らなくて
    今回最終回かと思ったのでかなり嬉しいですね。

    高校生となった多々良は自己紹介でダンスが趣味と言ったら前
    の席の女の子に「ださい」と言われたけどOPで出てきた新キ
    ャラ緋山千夏。多々良とパートナーを組む感じがありありですが
    出会いはかなり最悪。

    そしてまさか賀寿登場、こちらも出会いは最悪な感じでしたが
    ダンスを通じて仲間認定する賀寿は良い奴だし多々良の高校生活
    は安心ですね。

    初めて観る仙石のダンス、多々良が落ち込むほど圧倒的なダンス
    でいつものふざけた感じとは違い凄い存在感、パートナーの千鶴
    との関係も初めてみましたがまさか殴り合いするとは驚き。

    会場には千夏も現れてやはりといった感じ。何故「ださい」と言
    ったのか気になるなぁ・・・。


    「セントールの悩み」
    12話(終)「ファンタジーをRPG気分で作ってみた。」
    「激闘!腕相撲!女(ヒロイン)だらけの勝負の行方は」


    最終回はいつもの日常風景でこれからも続いていきそうな終わり
    方、結局姫乃の言う通り何故腕相撲大会をしたのか謎でしたが
    姫乃があそこまで強いとは・・・人馬だから?

    この作品は日常系かと思いきや合間に現実的な話を挟んだり
    するので中々展開が気になる作品でした。キャラクターの中で
    真奈美が主役の話は現実的で真面目な部分が多くて個人的に
    は好みでした。

    それと姫乃と真奈美の妹たちとのエピソードは微笑ましくて
    良いなぁと思いました。


    「クリオネの灯り」
    11話「未来の想い出」


    入院中のミノリの想いが10分間の中で切なくも丁寧で描いている
    ので泣きそうになってします。タカシとキョウコに出会えて本当に
    幸せだったのだなぁと思いますがだからこそ二人にとっては相当
    辛い事だと思う・・・。

    タカシとキョウコが出会ったミノリは幻だったのだろうか。ミノリ
    が起こした奇跡なのかなぁ・・・


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月24日(日)視聴記録

    「アクションヒロインチアフルーツ」
    11話「城ヶ根御前の憂鬱」


    チアフルーツ、ランキングも上位の位置に付けとうとう陽菜野市
    文化会館での公演が決まりますが予算の可決の前倒しにより文化
    会館の取り壊しが決定してしまいます。

    自分が不運に見舞われる(よりによって誕生日に決まってしまうとは)
    事実を悲観してかメンバーの前から姿を消してしまい連絡も取れない
    状況になってしまいます。

    しかも自分の愛する祖父が倒れたのも誕生日だなんて偶然と片づける
    には重すぎる事実です。中心になって頑張ってきた御前に対してこの
    仕打ちは酷すぎます・・・。

    しかし今までと違うのは御前にはチアフルーツという大切メンバーが
    いるという事実、どうか乗り越えて公演に駆けつけてほしいですね。


    「異世界食堂」
    12話(終)「とん汁」「コロッケ」

    元々異世界の住人が来ても平気で料理を作っている時点でただの人間
    ではないと思っていましたが「ヨミ」と呼ばれる異世界における英雄
    の孫だったとは。

    基本的にお客側からの視点で料理とエピソードが少し語られる流れで
    それはそれで面白かったのですが欲を言えば店主や異世界食堂の誕生
    秘話等も語られたら良かったかなと思いました。作品の特徴ではあり
    ますが少し淡々とした印象もあったので。

    異世界の住人同士が関わる話は結構好みでしたし何よりアレッタとクロ
    のウエイトレスとしての接客時の対応もクスリと笑える部分もあった
    のが良かったです。


    「将国のアルタイル」
    12話「剣の将太子」


    マフムートの立てた暗殺計画が順調に進むかと思いきや、サルジャが
    バラバンに密告したおかげで3将国の軍勢が攻めてくるという結果に
    なり自体は急変してしまいます。結婚式から自分が殺される危機に
    陥ってしまうアイシェを助ける選択をするオルハン。

    実の父親を殺す結果となりそれまでの良い人物だが頼りない感じの
    印象から王のための覚悟を見せなければならない厳しい選択をする
    事になるなんて切な過ぎる展開。

    父であるセリムもそうですがトルキエとバルトラインの争いの中で
    悲しい血が流れてしまうのをマフムートは止められるのでしょうか。

    四将国もそれぞれの立場から国や民を守らなければならないため
    いろいろと厳しい選択を迫られるのは当たり前ですが現状の流れ
    はバルトラインの方に向いている印象。


    「コンビニカレシ」
    11話「如月」


    春来がみはるに想いを伝えようとしたその時、みはるは倒れてしま
    い入院する事に。心配で病室に通う春来はみはるの母親の話から
    彼女が双子であった事を知ります。

    まさか双子だったとは・・・春来はずっと気付いていなかったとい
    う事かな。悲しく切ない事実ではありますがその分、みはるに対する
    想いを改めて伝える決意をする春来、男らしいなぁ・・・。

    目覚めた後のみはるの様子もかなり可愛らしかったのですがこれで
    両想いだった二人の間も落ち着いた感じになるのかな。

    塔羽と真珠もちゃんと恋人関係でいるしこれで大団円という風に
    なるのかな。まぁ他の登場人物が全然出てきていないのが未だに
    気になる所ですが(苦笑)


    「バチカン奇跡調査官」
    11話「闇の黄金、我、主とともに」


    32年前の殺人事件が起きた森の中へ向かうロベルト、平賀達一行
    は井戸の底まで行くと地下道へと繋がり着いた場所にバルボアナ家
    に仕えていた住人の姿、そして謎の工場は偽札工場。見つかってし
    まった一行の前に現れたジュリア。

    32年前の殺人事件自体、薬物絡みだし教会の下は偽札工場になっ
    ているし、奇跡どころかいつも通りの犯罪絡み、まさか奇跡が薬物
    に依るものだとは。

    しかしジュリアもロベルトと平賀が助かると見込んで死の部屋へ
    導いた部分、まだ企みや思惑が隠されているのか、謎が多い人物
    ですね。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月23日(土)視聴記録

    「メイドインアビス」
    12話「呪いの正体」


    ナナチから語られるアビスの呪い、分かりやすいとは思いますが
    それでも謎の方が多くここで生き残る、深層へ進む事がどれだけ
    厳しく難しい事かを物語っていると思いますしその後ナナチが言
    う通りそれでも憧れは止められない・・・リコを観ているとホン
    トそう思いますねぇ、酷い目ばかりあっているけれど(苦笑)

    ミーティも今の姿になる前は女の子だったのか、ナナチの性別
    はどちらでどんな姿だったのかも気になる所。

    タマウガチとの再戦、ナナチのような能力が身に付けられれば
    生き残れそうな気がします。後は味方にもなってほしいなぁ。

    しかしミーティを殺してくれと頼むナナチの真意は?次回最終回
    は1時間スペシャルと楽しみですが、もう最終回になってしまう
    のかと名残惜しい気持ちにもなります。


    「時間の支配者」
    12話「過程と実在」


    クジュールの時間が戻る事を覚悟の上でアイクスと戦うヴィクト。
    相手を追いつめるという事がイコールヴィクトにとって厳しく辛い
    事ですが乗り越えるヴィクト。戦っている最中ですから当たり前で
    はありますがいつもと雰囲気が違う感情が高ぶるヴィクトに少し
    泣きそうになりました。

    そして母親イフとの最後の時間、イフの母親としての想いを語る
    シーンは丁寧でまた泣きそうに。そこへ再びのアイクス、現時点
    での最強の敵に霧、ミーナ、ブレイズとの協力しながら戦いは熱
    い。

    次回最終回、アイクスを倒す事は出来るのか。陛下を名乗る人物
    はヴィクト達に対する最大の敵だと思いますがどこまで明かされる
    のか。


    「僕のヒーローアカデミア 第2期」
    37話「爆豪勝己:オリジン」


    出久と爆豪対オールマイトの試験開始、分かってはいましたが全く
    協力してクリアする気が無い爆豪に出久もいつものオドオドした態
    度の中、オールマイトの圧倒的な力を見せつけられても尚態度を変
    えず負けを選択しようとする爆豪についに出久も怒りのパンチ!

    出久の必死の訴えが効いたか、ギリギリの所でついに協力した二人。
    爆豪に憧れていた出久、いつの間にか自分に追いつこうとする出久
    に危機感と怒りを感じていた爆豪、オールマイトが指摘する通り二
    人の間には様々な感情が渦巻いているのが分かります。

    きっとヒーローになれたとしても(主に爆豪が)変わらないと思い
    ますがこの協力が二人を更に強くする結果になったのでは。

     

    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月22日(金)視聴記録

    「サクラクエスト」
    25話(終)「桜の王国」


    ナウマン市と姉妹都市提携のため丑松がみずち祭りで賑わう中
    金沢へ、最後までドタバタですが街の皆の協力もあり無事祭り
    も成功、由乃は間野山を去る決意をします。

    このままずっと残るのではと思いましたが由乃はまた新しい街
    へ向かうという終わり方。

    間野山の町おこしが成功した訳ではなく由乃の国王としての行
    動により街の住人が影響され、ここから新たなスタートを切る
    という流れで無理に町おこしを成功という着地点よりかはリア
    リティのある終わり方なのではと思いました。

    全体的な流れは少し地味な印象でもう少し掘り下げてほしい箇
    所もありましたが僕自身ダレずに観賞出来た良作でした。


    「ゲーマーズ!」
    11話「ゲーマーズと青春コンティニュー」


    祐と花燐の企みにより遊園地でのダブルデート、しかしその企み
    を知っていた心春により千秋も合流。勘違いの連鎖によりかなり
    拗れた恋愛関係になっていますが今回も花燐は蚊帳の外感があっ
    てメインヒロインなのに可哀想な立ち位置(苦笑)

    千秋も徐々に景太に対して恋愛感情が上がっている印象。このま
    まだとたたでさえ関係が拗れているのに花燐の立ち位置がどうな
    るのか予想できませんが最後は手を繋ぐ事が出来て少し安心。

    それよりも祐と亜玖璃の関係も修復(元々勘違いですが)したの
    は嬉しい、作品の性質上また拗れそうですが。


    「DIVE!」
    12話(終)「CONCRETE DRAGON」


    大会の練習の無理が祟って不調の要一が倒れてしまいます。その
    事実に怒る夏陽子に対して知季達はアメリカ行きを止めようとし
    ますが事実は飛沫の腰の治療のためでした。何となくそのような
    気はしましたがこれが改めて決勝に臨むMDCメンバーの気持ち
    を奮起させました。

    決勝ではそれぞれの力を振り絞った結果、知季が代表権を手にし
    た事が分かった時点で終わりましたがやはりその演技は観たかっ
    たところ。

    最終回としてはこれからも知季達MDCメンバー達の飛び込みは
    続いていくという雰囲気を残したまとまった締め方だと思いまし
    たが。


    「ようこそ実力至上主義の教室へ」
    11話「しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。」


    下着が盗まれる事件にさらに追い打ちをかけるように放火事件
    まで起き男女が敵対し、バラバラになっていくDクラス。当然
    犯人がいる訳ですが誰がやったのか。

    単純に怪しいのは伊吹ですが(鈴音のキーカードも盗んだし)
    しかし放火の事は知らなさそうで他に犯人がいるのか。最後に
    出てきた人物が首謀者でしょうか。清隆も何かを知っている様
    子ですが行動が気になります。

    災難だらけのDクラスの中で中心人物な平田もこの状況に追い
    込まれている様子で展開が気になる終わり方です。

    しかし唐突に鈴音の頭に泥を塗る山内、おかしいでしょ(苦笑)


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    2017年9月21日(木)視聴記録

    「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」
    24話「ボルトとサラダ」


    サスケとのわだかまりも解け、火影になるべく気持ちを新たにする
    サラダとナルトに対してまだまだ反抗心があるボルトの対比は中々
    面白いですね。サラダがナルトを、ボルトがサスケを尊敬するよう
    にミツキが言う通り仲が悪くとも良いコンビとなりそうです。

    五影による会談は「大筒木カグヤ」による戦争と下の世代に対する
    懸念を口々にしますがナルトや我愛羅の言う通りボルトやサラダの
    ようなライバル関係があれば大丈夫な気がします。

    平和な世の中では忍びの実力が高まらないというのは何となく分か
    る気がしますが。


    「妖怪アパートの幽雅な日常」
    12話「俺は未来へ行く」


    「イドの怪物」に乗っ取られた三浦は秋音の協力を得て無事解決で
    めでたしと思いきや最早霊的な問題ではなく本人自身がそういう
    人間で夕士を襲わなければならないところまで来ていたとは何とも
    皮肉ですねぇ。

    後は三浦自身が前を向かなければならないという教訓めいた話でし
    た。あそこまで追い込まれた三浦自身に同情の余地はありますが
    本人も女性をバカにするような性格でしたし。

    三浦を救えはしませんでしたが妖怪アパートの面々を通じて夕士
    も学べたという所は多少の救いになりました。


    「NEW GAME!!(2期)」
    11話「心に闇を抱えてるのか」


    ねねとツバメが仲良くなって良かったというかねねが良い子過ぎる
    というのもありますがツバメが本気でやる理由と評価を気にする理
    由も分かりましたがねねもツバメもお互い本音を言った上で和解す
    る流れはジンときてしまいました。

    新作ゲーム「PECO」も完成間近の中、コウの移籍話を聞いてし
    まったりんがかなりのショックを受けている様子、元々コウに関し
    てはそんな雰囲気がありましたがクリスティーナとの会話を聞くと
    本当っぽいなぁ。

    ただその事実はりんもそうですが目標としている若葉や紅葉も耳に
    したら相当なショックを受けそうな気がするなぁ・・・。


    「異世界はスマートフォンとともに。」
    11話「ぱんつ、そして空中庭園。」


    冬夜、新たに空中庭園まで手に入れる・・・。今回もいつも通り
    の展開で少しついていけない感じだなぁと思いつつユミナの皆で
    冬夜と結婚する発言に思わず吹いてしまいました。

    主人公にヒロインたちが全員惚れているハーレム作品であると思
    いますがまさか一夫多妻関係になる(なろうとする)とは(苦笑)

    最後に突然のリンゼの告白とキスにも驚きましたが次回は最終回。
    まさか全員と結婚する流れかな・・・。


    テーマ : アニメ・感想
    ジャンル : アニメ・コミック

    プロフィール

    Author:ゴンシ
    アニメを観るのが好きです。
    その日に観たアニメの感想を毎日綴っています。中身は「小並感」です(苦笑)

    最新記事
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    カウンター
    リンク